--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/06/19 (Sat) ジョン・キーツ

ハイペリオンの続編 「ハイペリオンの没落」(ダン・シモンズ著)を読了。

5105V8KTVYL.jpg

とても気になっていたレイチェルのその後。

中盤に差し掛かるあたりで、とうとうレイチェルは誕生の瞬間を迎える。
そこから物語は様相を変え、全面戦争へ突入。
そして壮大な未来神話とも言うべきこの物語は、予想外の結末を迎える。

これは前作の数倍面白かったです。

そしてこの「ハイペリオンの没落」を読み終わって以来、
ジョン・キーツという詩人に興味を持ち、図書館でキーツ詩集を借りてきました。

P1010001.jpg

ジョン・キーツは1795年イギリス生まれのロマン主義の詩人。
結核により25歳の若さで死去しています。

それにしても、なんと美しい言葉たちなのでしょう。
殺伐とした今の世の中では、このような詩が心に沁みます。

物語詩「エンディミオン」から(訳・出口保夫)

美しいものは 永遠の喜びとなる。
その愛らしさは増し、決して 無と
消え果ることがない。 それのみか われらに
静かな木陰を保たしめ、また 甘美な夢と
健康と 静かな息吹に充ち満ちた眠りを 与えてくれる。
だから 朝がくれば われらを大地に
結びつける 花のきずなを編んでいる。
どんなに失意の時も、気品高い人間性に
欠けるときも、陰鬱な日にも、また
われらが求める道が どんなに不健康で
暗すぎようとも。 そうだ、それでもなお
美しい姿は 暗いさまざまの心から 棺の被衣を
取り払ってくれる。 太陽や 月や
無邪気な羊たちに木陰の恵みを拡げる 老木や 若木の枝葉も
またそうなのだ。 羊たちの住んでいる
緑の野原に咲く黄水仙も、暑い季節に
涼しい隠れがをあちこちに作る
清らかな流れも、美しい麝香薔薇の花が
見事に咲いた、森の中の茨の藪も そうだ。
またわれらが 偉大な死者に対して想像する
運命の壮大な力も 美しいものである。
われらの見聞した あらゆる甘美な物語も そうなのだ。
空のはてから降り注ぐ 枯れることのない
永遠の酒の泉も またそうなのだ。

00430448.jpg


偉大な死者~のくだりがとても好きです。


このジョン・キーツの映画が現在上映中です。

【ブライト・スター いちばん美しい恋の詩】
監督・脚本 : ジェーン・カンピオン

ブライトスター_映画
公式サイト



ランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いいたします。

関連記事
スポンサーサイト

読書 |


| TOP |

くろねこ時計

プロフィール

zannalee

Author:zannalee
蟹座

リメイクアトリエ【ザナリーズ】の管理人です。 動画とHPでリメイクアイディアを発信中。 ミシン掛けの上手な白猫がアトリエ専属のお針子さんです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。