--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/10/27 (Thu) デモとかあれこれ

フォトフォルダを整理していて思い出しました。
先週21日、八重洲口でバスを待っているとき
大規模なデモに遭遇しました。

demo_10_21.jpg

どこの団体かな~と思っていると
「医労連」と書いた幟旗があったので、
医療関係のデモだったようです。

「社会補償費を増やせ!」
「医師と看護師の数を増やせ!」
というコールはフムフムと聞いていたのですが、
そのうち、「診療報酬を上げろー!」って…。

一気に冷めた。
だってね、それは言っちゃダメでしょ。
診療報酬上げちゃったら、
患者の窓口負担が増えて、保険料も上がるでしょ。
一般市民にそんな余裕ないですよ。
その前にまず、医者と看護師の数を増やして
医療の質の向上を図ってください。

それでもう1つ思い出した。
この間聞いた、両親と同居の長男ご夫婦の体験談。

数ヶ月前、高齢のお父様が自宅で倒れた。
救急処置の心得のあるご主人と奥様が交代で
心肺蘇生の処置をしながら救急車を待った。
救急車はすぐに着いたが、受け入れてくれる病院がなかなか見つからす、
結局お父様は自宅で息を引き取られた。

病院へ運ばれ、診断を受けたところ、
お父様が生前転んだときのかすかな痕が見つかり、
家庭内暴力ではないかと疑われ「不審死」扱いとなり、
警察の捜査が始まった。

お父様を亡くされて悲しみにくれている長男ご夫婦は
ギリギリまで心肺蘇生の努力を続けていたにも関わらず、
「法」の力により、いきなり容疑者扱い。

病歴だけでなく人間関係や経済状態なども根掘り葉掘り調べられ、
やっと自然死の判定が下されたそうです。
その判定が下るまでは葬儀の準備も出来なかったということ。
本当に嫌な思いをし、悔しかったとおっしゃっていました。

年を取ると、軽くぶつけても内出血するのに
それがすぐに家庭内暴力に結び付けられたら、
在宅介護の家庭はたまったものじゃない。
今は往診してくれる医者のほうが珍しいご時勢ですから、
自宅で死亡診断書を書いてもらうことも難しかったりします。

昔から「畳の上で大往生」などと言いますが、
現代ではそれが大問題に繋がるようで、
深く深く考えさせられる話でした。

それにしても、推定無罪の原則ってどこ行ったのでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト

日記 | trackback(0) | comment(0) |


<<枯れ木に花を | TOP | 「栄養補給の旅2日目」ウィーン工房展>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://zannalees.blog25.fc2.com/tb.php/255-93410fe5

| TOP |

くろねこ時計

プロフィール

zannalee

Author:zannalee
蟹座

リメイクアトリエ【ザナリーズ】の管理人です。 動画とHPでリメイクアイディアを発信中。 ミシン掛けの上手な白猫がアトリエ専属のお針子さんです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。