--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/10/24 (Mon) 「栄養補給の旅2日目」ウィーン工房展

二日目はまず、パナソニック電工 汐留ミュージアムで開催されている
「ウィーン工房1903-1932 モダニズムの装飾的精神展」へ。
私は以前からヨーゼフ・ホフマンの大ファンなので、
本物が見られる機会に恵まれてとってもラッキーでした。

シオサイトの地下からパナソニック本社に至る通路にまったく人気が無く、
やや不安な心持ちになりながらも4階に到着。
午前中のせいもあったのか中もやはりガラガラで、
ほとんど貸切り状態でゆったりと鑑賞できました。

ヨーゼフ・ホフマン バックル
ヨーゼフ・ホフマン 「バックル」 1910年

コロマン・モーザー「花器」1906年
コロマン・モーザー 「花器」 1906年

ウィーン工房の仕事は、建築、インテリア、ファッション、出版と、
生活全般の細部にまで美意識が及んでいて、シンプルで装飾的。
見ごたえのある展覧会でした。

最終章で、ウィーン工房のメンバーで日本人建築家と結婚した
上野リチ(フェリーチェ・リックス)の仕事が紹介されていたのですが、
日本とウィーンとの繋がりを知ることが出来て興味深かったです。
とってもキュートで大好きなタイプのデザインでした。

フェリーチェ・ウエノ・リックス 「ボンボン入れ下絵2」
フェリーチェ・ウエノ・リックス 「ボンボン入れ下絵2」

2年ほど前に”上野伊三郎+リチ コレクション展”が開かれていたことを今頃知りました。
見たかったなあ。 遅いけど。



午後からは竹橋に移動して、日本近代美術館工芸館
「イタリア・ファエンツァが育んだ色の魔術師 - グェッリーノ・トラモンティ展」
陶器、彫刻、絵画で構成されています。

グェッリーノ・トラモンティ
「猫と文字」1979年

かわいいぃ!

猫をデザインしたものが多かったけれど、
魚のモチーフもけっこう目立っていました。
この人のは魚が網に乗っている状態を描いていて、ちょっとユニーク。
cont_1489_11.jpg
「魚と網」1953-55年頃

カラフルで元気が出る作品が沢山ありました。

この工芸館の落ち着いた雰囲気、いつ来ても良いなあって思います。
国立近代美術館 工芸館

旧近衛師団司令部庁舎の建物ですから、
「坂の上の雲」の秋山好古の勤務場所だったんですね。
歴史ある建物を巡る旅もいつか行きたいな。

その後は、気持ちの良いお天気だったので
北の丸公園を散歩しながら九段下まで歩いてしまい、
それから蔵前と日暮里の問屋街をちょっとウロウロして帰って来ました。
キツキツのスケジュールで、さすがに足だる~いけど、
おかげで制作意欲が湧いてきたみたい。
ありがたやありがたや、でございます。

関連記事
スポンサーサイト

日記 | trackback(0) | comment(0) |


<<デモとかあれこれ | TOP | 「栄養補給の旅1日目」ヨコハマトリエンナーレ2011>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://zannalees.blog25.fc2.com/tb.php/254-c92fdf6f

| TOP |

くろねこ時計

プロフィール

zannalee

Author:zannalee
蟹座

リメイクアトリエ【ザナリーズ】の管理人です。 動画とHPでリメイクアイディアを発信中。 ミシン掛けの上手な白猫がアトリエ専属のお針子さんです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。