--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/08/18 (Thu) 風をつかまえた少年

『風をつかまえた少年』
ウィリアム・カムクワンバ、ブライアン・ミーラー 著
風をつかまえた少年
出版社:文藝春秋

教育の大切さを教えてくれるとともに、
勇気と希望を与えてくれる素晴らしい本です。
原発事故により電力への関心が高まっている今こそ、
多くの人に読んでいただきたい1冊です。

アフリカの最貧国マラウイで生まれ育ったウィリアム・カムクワンバ少年。
2001年の飢饉により、学費を払えなくなった彼は
やむなく中学校を中退する。
しかし、図書室で借りた本を頼りに、
彼は自力で風車を作り、とうとう発電に成功する。
彼の家族の暮らしをもっと楽なものにしてあげたい、という純粋な願いは、
やがて自らを世界へと旅立たせることになる。

この本を読むと、先進国での生活が、
実に贅沢で無駄が多いものだということに気づかされます。
そして、描かれている飢饉の凄まじさに、
今後予想される世界的食料危機について考えさせられます。

ウィリアムが風車を作る材料は、廃品置き場から拾ってきた物。
作業に使う道具も手作りです。
ナイフは鉄板から作り、
マイナスドライバーは自転車のスポークを金づちで叩いて作る。
本当に何もかも足りないだらけだけれど、
家族愛と友情はたっぷりとある。
そして確かな信念と向上心、諦めない精神力、
創意工夫する柔軟性もあふれるほどある。
ウィリアムを援助する大人達もまた素晴らしい。

昨年から、アメリカの大学で学んでいるウィリアム。
生まれ故郷ウインベの人々の生活を良くするために、本当に頑張っています。
彼のサイトでは、ウインベでのスクールプロジェクトの話などが載っているのですが、教室を増築し、風車と太陽光発電を導入したことにより、全児童がラップトップを使える環境が整ったそうです。
学べない辛さが身に染みているからこそ、
ウィリアムは子供達に良い学校を与えたいのでしょうね。

たびたび本に出てくる「シマ」ですが、
サイトではそのレシピも載っています。
今度作ってみようかな。

Willam Kamkwamba
The Boy Who Harnessed The Wind.
http://williamkamkwamba.typepad.com/

関連記事
スポンサーサイト

読書 | trackback(0) | comment(0) |


<<初咲き | TOP | ノンナノ日焼け止めレポ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://zannalees.blog25.fc2.com/tb.php/241-c4ec3b42

| TOP |

くろねこ時計

プロフィール

zannalee

Author:zannalee
蟹座

リメイクアトリエ【ザナリーズ】の管理人です。 動画とHPでリメイクアイディアを発信中。 ミシン掛けの上手な白猫がアトリエ専属のお針子さんです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。