--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/07/07 (Thu) NHKスペシャルとETV特集

NHKスペシャル シリーズ原発危機 第2回「広がる放射能汚染」 と
ETV特集 「大江健三郎 大石又七 核をめぐる対話」をやっと見終えました。
立て続けに見るとちょっと疲れたけど、どちらもとても素晴らしい内容でした。

「広がる放射能汚染」
食品の放射能汚染については、すでに大きな社会問題です。
番組では、家族のために食材を西日本から取り寄せているという女性が紹介されていました。
このように食材に気を配っている人達は、今は珍しくありませんよね。
私も三日に一度は県の検査結果をチェックしています。

茨城県環境放射線監視センターが24時間体制で検査をしても、週にたったの10サンプル程度が限度、という日本の現実も報告されていました。
そしてそのような現状について厚生労働副大臣は
「規制値を超えたものが全く流通していないということを、残念ながら我々も確信を出来る状況にない」と言い、これはつまり食からも被爆する可能性を認めているわけで…とてもとても怖いことです。
言葉を変えて言えば、どれが本当に風評被害なのかわからないということでもあります。

そして、チェルノブイリ原発事故による汚染の不安が続くベラルーシからの報告。
ほぼすべての学校に放射線測定器があり、
住民達が利用出来る体制が整っている。
ベラルーシ全国で、1日平均30,000を超えるサンプルを検査している。
子供達の検査や治療は無料。
なんだか日本とはものすごく違います。

ベラルーシ政府は、強いリーダーシップを発揮し、
事故から25年経った今も、総力を挙げて放射能汚染と戦っている。
日本にも今こそ強いリーダーが必要だと皆わかっているけれど、
本当に力強いリーダーとなる人材がいるのかというと、とても不安になるわけで。
でもすでに国内で原発事故が起きてしまったわけですから、
日本という国を存続させるためには、ベラルーシ的な体制を早急に整えなくてはいけないと、強く思いました。

「ETV特集」
第五福竜丸の乗組員だった大石氏の経験談はとても重いです。
政治決着により、まだ具合が悪いのに全員一緒に退院させられたなんて、
なんと不自然で非人道的なやりかたなのでしょうか。
そして、ロンゲラップ島の住民達に対するアメリカの対応の酷さにも唖然としました。
治療もせずに研究のみ、しかもたったの3年で元の土地に戻したなんて。
人を人とも思わない実に思い上がった行為です。
元村長さんに「一人で戦う姿に敬意を表します。強い人ですね」と言われ涙を堪えていた大石氏の姿に、胸が詰まりました。

大江氏の「専門家というのは、私もそうだと思わない人達なんじゃないか」という発言が印象的でした。

2つの番組を見終わって、
真のリーダーシップとは何か、
優れたリーダー達は過去から何を学び生かしてきたのか、
そういう特集を見たいと思いました。

関連記事
スポンサーサイト

震災 原発関連 | trackback(0) | comment(0) |


<<おすすめ記事 | TOP | 殿下 in France>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://zannalees.blog25.fc2.com/tb.php/231-21ae2e2f

| TOP |

くろねこ時計

プロフィール

zannalee

Author:zannalee
蟹座

リメイクアトリエ【ザナリーズ】の管理人です。 動画とHPでリメイクアイディアを発信中。 ミシン掛けの上手な白猫がアトリエ専属のお針子さんです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。