--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/06/06 (Mon) 原発関連の番組 2本

昨夜放送された、2本の原発関連の番組を見た感想です。

まず、"NHKスペシャル 原発危機・事故はなぜ深刻化したのか" 
3.11の原発事故からの5日間を、政府、経産省、保安院、東電、福島第一の現場関係者へのインタビューや内部資料を基に、時系列に沿って検証していました。

生々しい3号機の爆発映像。
全電源喪失時のベント方法がマニュアルになかったこと。
東電社員の「この会社終ったな」という言葉。
SPEEDIが公表されなかったために、放射能と同方向へ逃げてしまっていた親子…。
吉田所長の「みなさん今までありがとう。状況はよくない。みなさんがここから出るのは止めません」という言葉の重さ。

そして番組の中で、「人災です」と言い切った原子力安全委員会委員長の斑目氏は、「3月11日以降のことをすべて無しにしてほしい。」とも言っていました。 
これにはびっくり&がっかり。
「無しにしてほしい」と言いたいのは被災者です。
放射能に怯えながら生活しなくてはいけなくなった国民です。
斑目氏は、そのような言葉に対して謙虚に耳を傾けるべき立場のはず。
この自覚の無さはなんなのでしょうか。

そしてこの無自覚さは、東電の役員達や保安院からも垣間見えてくるのです。
思うにこれが、甘い想定に潜在する危険に対し見て見ぬふりをし、安全神話を妄信してきた要因の一つなのでしょう。

水素爆発を予測できた人はあの時点でいないとも言っていましたが、そのような予測が出来る人は蚊帳の外に置かれていたのではありませんか。
責任者が自分の周りにイエスマンしか置かなくなれば、危機管理など出来るわけがありません。

そして"ETV特集 続報 放射能汚染地図"
7時のニュースで事前に検査結果が報じられていましたが、実際に番組を見てみるとやはり衝撃を受けました。

福島第一原発の正門から西に約1.7キロの大熊町の道路脇で採取した土から、原発由来と思われる微量のプルトニウムが検出されていました。
そして追加調査により、いわき市にホットスポットが発見されていました。
しかし住人には何も知らされていないのが現実です。
行政や東電は何をしているのでしょうか、人の命をどう思っているのでしょうか。
岡野博士や木村氏ら科学者達の地道な調査が、被災者のために具体的に生かされるように、願ってやみません。

関連記事
スポンサーサイト

震災 原発関連 | trackback(0) | comment(0) |


<<オレオレ? | TOP | 地植え>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://zannalees.blog25.fc2.com/tb.php/214-e8a65cdc

| TOP |

くろねこ時計

プロフィール

zannalee

Author:zannalee
蟹座

リメイクアトリエ【ザナリーズ】の管理人です。 動画とHPでリメイクアイディアを発信中。 ミシン掛けの上手な白猫がアトリエ専属のお針子さんです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。