--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/08/28 (Sun) 心地良い疲れ

何故か、今年度から町内の役員を務めております。
私の場合、最も相応しくない人選だと自覚しているのですが、
周りの方々に助けられながら、どうにかやっております。

昨日は世代交流イベントとして、地域の公民館を借りて、
紙で作る竹とんぼ講座&ご町内アートギャラリーを開催いたしました。
sk01.jpg

講座参加の予約申し込みが少なかったため、
ギリギリまで集客活動をしていたのですが、
それが功を奏したのか、次から次へと飛び入り参加者が増え、
作業スペースが足りないほどの大盛況となりました。
講師の元美術教師の先生は、まさに目が回るほどの忙しさ。
本当にお疲れさまでした。

さっそく作り方を覚えた小学1年生が、
80代の参加者に教える場面もあったりして、
なかなか良い交流イベントになったと思います。
前日は夜まで掛かって展示物の飾りつけをしていたのですが、
この盛り上がりのおかげで、疲れよりも愉しさが大きくなりました。

親睦福祉担当の役員は、
私以外は70代の男性3名なので、
私自身は、役員として活動することが一番の世代交流になっています。
実に良い人生勉強をさせてもらっています。

これが出来上がりの"紙"竹とんぼ。
take_tombo.jpg
飲料の紙パックと竹串で出来ています。

関連記事
スポンサーサイト

日記 | trackback(0) | comment(0) |


2011/08/22 (Mon) 古いシャツからトートバッグ

ホームページ久しぶりの更新です。
「シャツから作るトートバッグ」 白猫さん頑張りました。
シャツから作るトートバッグ
A4サイズがすっぽり入る大きさです。
作り方と型紙はホームページでどうぞ。ザナリーズ
Youtubeの動画でもご覧いただけます。「シャツから作るトートバッグ」

この形はなかなか使いやすいよって母に言ったら、
さっそく押し入れの奥から、父の着なくなったシャツを出してきたので、
また作ることに…。
基本形をアレンジしているので、参考までに載せておきます。

綿ビエラのシャツ。もう襟がボロボロに擦り切れていました。
old_shirt.jpg

このまま使うと軍放出品みたいになってしまうので、
どうにかして甘さをプラスすることに決定。

ヨーク裏に可愛い刺繍がしてあるので、
切り取ってアップリケに使うことにします。
台襟のテープも可愛いんだけど、皮脂で黒光りして気持ち悪いのでごみ箱行き。
old_shirt_2.jpg

なんだかんだと迷いながら完成まで4時間ほど掛かりましたが、
めちゃくちゃ楽しかった!

変色した部分に他の古着についていた綿レースを縫いつけ、
右下には余り布をパッチワーク。
秋らしいトートになったと思います。
mitote1.jpg
他の古着の品質表示タグをポイントとして脇に挟み込みました。

右胸ポケットを解いて、本体のもう一面に縫い付けて活用。
RALPHの古いシャツから前立ての刺繍を切り取ってアップリケ。
mitote3.jpg

ひっくり返したところ。
見返しは、3種類の古着の布をパッチワークしてあります。
左の小花柄は母のブラウスでした。
裏もけっこう可愛いく出来たので、裏返しでも使えるかも。
mitote_back.jpg

リメイクってホントに楽しいな。

関連記事

メイキング | trackback(0) | comment(0) |


2011/08/21 (Sun) 初咲き

屋根の上で、ヘブンリーブルーが一輪咲きました。
ヘブンリーブルー

短日性が強く、
咲くのは早くても8月下旬からということでしたが、
まさにそのとおり!

あいにくの小雨でしたが、やっぱり綺麗な色です。

摘心を繰り返してもグングン伸び続け、
花芽がびっしりと付いているので、これからが楽しみです。

ただ、それが主に屋根の上で…下のほうはスカスカなの。
緑のカーテンというよりも、緑の瓦になりそうな予感…。

関連記事

ヘブンリーブルー栽培記録 | trackback(0) | comment(0) |


2011/08/18 (Thu) 風をつかまえた少年

『風をつかまえた少年』
ウィリアム・カムクワンバ、ブライアン・ミーラー 著
風をつかまえた少年
出版社:文藝春秋

教育の大切さを教えてくれるとともに、
勇気と希望を与えてくれる素晴らしい本です。
原発事故により電力への関心が高まっている今こそ、
多くの人に読んでいただきたい1冊です。

アフリカの最貧国マラウイで生まれ育ったウィリアム・カムクワンバ少年。
2001年の飢饉により、学費を払えなくなった彼は
やむなく中学校を中退する。
しかし、図書室で借りた本を頼りに、
彼は自力で風車を作り、とうとう発電に成功する。
彼の家族の暮らしをもっと楽なものにしてあげたい、という純粋な願いは、
やがて自らを世界へと旅立たせることになる。

この本を読むと、先進国での生活が、
実に贅沢で無駄が多いものだということに気づかされます。
そして、描かれている飢饉の凄まじさに、
今後予想される世界的食料危機について考えさせられます。

ウィリアムが風車を作る材料は、廃品置き場から拾ってきた物。
作業に使う道具も手作りです。
ナイフは鉄板から作り、
マイナスドライバーは自転車のスポークを金づちで叩いて作る。
本当に何もかも足りないだらけだけれど、
家族愛と友情はたっぷりとある。
そして確かな信念と向上心、諦めない精神力、
創意工夫する柔軟性もあふれるほどある。
ウィリアムを援助する大人達もまた素晴らしい。

昨年から、アメリカの大学で学んでいるウィリアム。
生まれ故郷ウインベの人々の生活を良くするために、本当に頑張っています。
彼のサイトでは、ウインベでのスクールプロジェクトの話などが載っているのですが、教室を増築し、風車と太陽光発電を導入したことにより、全児童がラップトップを使える環境が整ったそうです。
学べない辛さが身に染みているからこそ、
ウィリアムは子供達に良い学校を与えたいのでしょうね。

たびたび本に出てくる「シマ」ですが、
サイトではそのレシピも載っています。
今度作ってみようかな。

Willam Kamkwamba
The Boy Who Harnessed The Wind.
http://williamkamkwamba.typepad.com/

関連記事

読書 | trackback(0) | comment(0) |


2011/08/17 (Wed) ノンナノ日焼け止めレポ

自然派化粧品の日焼け止めは肌に優しいとわかっていても、
一長一短がありすぎて、なかなか満足出来る製品がありません。
EUの基準が厳しくなったおかげで、ナノテクが怖いということを知り、
私も安全なノンナノ製品を使いたいと思うようになりました。

しかし、どこのレビューを見ても、
ノンナノは使いづらいというものばかりなので、
ある程度覚悟はしていたのですが…。

今日は私の初ノンナノ日焼け止めレポートです。

まずひとつ目。
Kinesys performance Sunscreen
SPF 30 Ontiment with pure Zinc Oxide
866363315.jpg

100% ミネラル。
アルコール、PABA、防腐剤、パラベン、ナッツおよびナッツオイル、卵、大豆、亜硫酸塩&着色料すべて不使用。

日焼け止め有効成分は、Zinc Oxide25%。
ノンナノ。

軟膏タイプのサンスクリーンです。
成分だけ見ると、とっても良さそう。

で、使ってみると…。
ウォータープルーフということですが、
ハードなオイルクリームタイプで、ものすごーくベタベタします。
これなら水を弾くのは当たり前。
例えるなら、ワセリンをそのまま顔に塗っている感触。
ワセリンかコールドクリームかって感じ。
落とすのも、洗顔石けんで1度洗うくらいでは落ちやしません。
軽めのオイルで馴染ませてからティッシュオフして洗顔が必須。
私はかなり乾燥肌なのですが、この製品は重すぎです。
でもまあ、もしかすると真冬の紫外線と寒風から肌を保護するにはちょうど良いかもしれないので、念のために冷蔵庫に入れておくことにしました。
香りはさわやか系で良いのですが、夏は絶対に使えないわコレ…。

メゲずにふたつ目。
Kinesys performance Sunscreen
SPF 30 Fragrance Free Sunscreen Spray
 spf30sprayff.jpg

こちらはスプレータイプ。
同じメーカーなので大丈夫だろうと思い、よく成分を調べずに買ってしまいました。

香料、オイル、アルコール、PABA、防腐剤すべて不使用。
ノンナノ。

ん?良さそうじゃない?
オイルフリーだとベタベタしないし。

日焼け止め有効成分は、
Octinoxate(オクチノキサート) 7.5%,
Octocrylene(オクトクリレン) 7%,
Octisalate(オクチサレート)4%,
Avobenzone (アボベンゾン) (Parsol1789) 2%

この有効成分は要注意。
Octinoxate(オクチノキサート)、Octocrylene(オクトクリレン)、Octisalate(オクチサレート)、Avobenzone (アボベンゾン)はすべて悪名高き紫外線吸収剤です。
この製品は敏感肌用の日焼け止めなのですが、
有効成分が紫外線吸収剤のみって、どうなのこれ。
紫外線吸収剤は皮膚炎を起しやすく、使えば使うほど肌が老化するとか言われているので、付けないほうが良さそうなのですが、、、買っちゃったので取りあえず付けてみました。(←ケチ?)
使用上の注意としては、
太陽光線を浴びる30分前には塗ること。
顔に付けるときは、手の平にスプレーしてから指で塗ること。

困ったことに、使い心地はとっても良いです…。
伸びが良く、塗ってすぐはヌルッとした感じですが、2~3分経つとサラッとします。
私は、一般の化粧品メーカーやドラッグストアで売っている日焼け止めだと、
肌がボロボロに剥けてしまう肌の弱さなのですが、
この製品では今のところ肌荒れはまったくありません。
思いっきりケミカルな紫外線吸収剤使用製品ではありますが、確かに敏感肌用に作られています。
でもやっぱり紫外線散乱剤でこういうものを作ってほしいなあ。

仕方が無いので、当分はこれで凌ぐしかないか。
また次のを探さなくては…。

それにしても、ナノを取るか紫外線吸収剤を取るかの選択は、実に困ります。
紫外線吸収剤に比べたらナノのほうがまだマシなのかなって迷っているところ。

ちなみに、過去に買った自然派日焼け止め(ナノ)で微妙だったのは、
MyChelle Dermaceuticals Sun Shield SPF 28 Unscented です。
塗り心地は軽いし、白くならないし、
自然派化粧品の日焼け止めとしてはかなり良い感じなのですが、
塗っているとき時々モロモロと白いカスのようなものが出てくることがある。
このカスが、出るときと出ないときがあって、何だかよくわからない製品でした。

そんなわけで、日焼け止めジプシーの旅はまだ果てしなく続くのであります。

関連記事

コスメ | trackback(0) | comment(0) |


2011/08/05 (Fri) 太陽のおかげです。

新潟は、ぼんやりとした曇り空の日が続いていて、
なかなか土用干しが出来ずにいたのですが、
やっと昨日から待望のカンカン照り。
ようやく梅を干しました。

土用干し

塩分は18%。
1個ずつひっくり返すのがちょっと手間ですが、
昨晩は夜露にも当て、今のところは順調みたい。
何てったって梅干し作りは若葉マークなので、
とにかく慎重丁寧にやっています。
美味しく出来ますようにナムナム。

庭の片隅では、ミニトマトの苗を2つ植えてあるのですが、
生育が良すぎてプチ森林状態になっています。
肥料は少量の元肥のみで、水も控えて育てているのに、
毎日収穫出来るってすごい生命力です。
株間45cmくらいに植えたのですが、倍の広さにすれば良かったかな。
それにしても、採りたてのトマトは味が濃くてとっても美味しいんだけど、
妙に皮が硬いのは何故だろう。

ミニトマト

青空とミニトマトの花。
ミニトマトの花



関連記事

季節 | trackback(0) | comment(0) |


2011/08/03 (Wed) 新潟における新潟県産コシヒカリ

NHKニュースによると、
「100%新潟県産コシヒカリ」と表示されているお米をDNA鑑定で調べた結果、
表示どおりだったのは全体の3分の2だったそうです。
困ったことに、こういった産地偽装は、いつまで経っても無くなりませんね。

「新潟県人は皆コシヒカリしか食べないの?」と聞かれることがありますが、
やはりコシヒカリ率はダントツで高いと思います。
ご飯はコシヒカリ当たり前の空気です。

新潟といっても広いので、有名な魚沼以外にも、
岩船産、佐渡産、上越産、新発田産 などがあります。
米専門店の店頭で玄米の状態で並んでいるものを見比べてみると、
微妙に色艶の違いがあることがわかります。
その上、特別栽培米とか、無農薬合鴨農法などの栽培法による選択肢も加わり、
実際はかなりバラエティに富んでいます。
単に「新潟県産」となっている場合は、知名度の低い土地のものか、
県内産のどこだかわからないミックスだと思います。
でもまあ、新潟県内でも偽装はあるのかもしれませんね、考えたくないけど…。

以前は、魚沼地方の農家から直送してもらい、
無農薬コシヒカリを食べ続けていた時期もありました。(←贅沢すぎ~!)
しかし、もし産地を知らずにコシヒカリを食べ比べた場合、
どの程度の味の差があるのか。
そして、食べただけで県内の産地を言い当てられるのか、となると、
私には言い当てられる自信はまったくありません。
つまり、どこのお米を食べるかは、
ほとんど自己満足の気分の問題だと思うのです。
それに炊き方によっても味はかなり違うしね。

先日、お米の在庫が無くなりそうだったので、
いつも野菜を買っている直売所で、
近隣農家のコシヒカリ玄米(つまり、新潟市産)を初めて買いました。
22年度産、5kgで¥1950というお手頃価格。
玄米で食べると伝えたら、店先に置いてあるものではなく、
わざわざ自宅の保管庫から出してきてくれたもの。
(精米用のものは籾殻が混ざっていたりするそうです)
籾殻や石の混入も無く、色艶も良く、とっても美味しいお米でした。
もしかしてお米屋さんで買うブランド米より美味しいかも。
身近にこんな美味しいお米があるなんて!
これはうれしい目からウロコでした。やっぱり直売所大好き。

今、新潟のお米は、
産地によっては汚染が懸念されており、
しかも先日の水害により大打撃を受けた地域もあります。
それにも関わらず、減反政策が続いている。
世界的食糧危機の到来も予測されているのに、このままで良いの?
地元のお米が食べられなくなる日が来るなんて、想像したくないよ。

最近は、1杯のご飯がとても貴重に思えます。

関連記事

News | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

くろねこ時計

プロフィール

zannalee

Author:zannalee
蟹座

リメイクアトリエ【ザナリーズ】の管理人です。 動画とHPでリメイクアイディアを発信中。 ミシン掛けの上手な白猫がアトリエ専属のお針子さんです。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。